Instahgram@tomoyofunabashi

16.4.17

Napoleon I in Compiègne ナポレオン1世のコンピエーニ


日曜日の朝、素晴らしい天気のためちょっと郊外まで。

パリ北駅から直行便電車(所要時間40分)に乗り、歩いて中世独特の木組みの家屋やゴシック様式の市庁舎を抜け(所要時間10分)コンピエーニュ宮殿へ。

On a sunny sunday morning what better than a day trip outside of Paris.
40 minutes by train from Gare du Nord and 10 minutes by foot, passing by timber framed houses and the Gothic flamboyant-style city-hall, you then arrive at Palace of Compiègne.


19世紀初頭にヨーロッパを掌握したナポレオン1世にまつわる話が興味深い。

当時の皇妃だったジョゼフィーヌとは子供に恵まれなかったナポレオンは自身の家系を継続するために離婚を決意、すぐさま新しい妃を迎えます。

第二の結婚に選んだのは血筋、ハプスブルク•ロートリンゲン家、神聖ローマ皇帝の長女マリールイーズ•ドートリッシュ。

Compiègne Palace, a preferred residence of Napoleon I - the great protagonist of XIXth century Europe - is rich with history.
To ensure his dynasty he divorced Josephine, with whom he had no child, and immediately remarried. His second wife was Marie Louise d'Austriche, the oldest daughter of the Emperor of the Roman Empire, from the Habsbourg family - very good blood indeed.


ナポレオンは学生時代に勉強ができず、本だけが友達だったという小孤独な青年期を過ごしました。皇帝になってからも王家出身ではないことがコンプレックスで、形式や血筋をとても気にしていたとのこと。
マリー•アントワネットとルイ16世が初めて謁見した場所であるコンピエーニュという場所を血筋のよいマリー・ルイーズとの初顔合わせに選んだという点から彼の神経質な性格がうかがえます。

Napoleon had a difficult childhood and was not good at school; his only friends were books. He was always concerned about his appearance and felt inferior, not being of royal blood. He decided to welcome Marie Louise in the palace of Compiège because Louis the XVI and Marie Antoinette met there for the first time... in doing so Napoleon could project himself as grand as the royal family.

代理結婚を済ませ、15日間かけてウィーンから嫁入りに向かうマリー・ルイーズを待ちきれず毎日数回の手紙を送り続けたナポレオン。到着間際になると大雨にも拘わらず自分から迎えにいく始末。人里離れた山奥で、風変わりでドラマチックな初対面を果たしたそうです。

そのまま一緒にコンピエーニュ宮殿までいき、夜9時半ごろに到着。さっそく夫婦はじめての夕食をとったそうですが、そのダイニングルームがこちら。

A proxy marriage was arranged, at distance, and during the 15 day voyage of the bride to Compiègne (she was in  Vienna), Napoleon wrote to her several times a day - the couple had not yet met! Just before her arrival, under pouring rain, he rushed ahead by horse, to meet her 60km from the palace. A dramatic first encounter for the married couple.
The same night they had their first dinner together in the dinning room that you can see below.

その日のうちに 4ナポレオンの歳の半分にもならない18歳の少女とベッドを共にしました。
形式的にはまだ初夜をともにしてはいけなかったのに。。。

That same night, Napoleon and his 18 year old bride - half his age - shared the same bed agaist all custom.

ギロチンにかけられたマリーアントワネットを大叔母にもつマリー・ルイーズにとって、ナポレオンは革命を推進した、いわば大敵です。ナポレオンは恐ろしい憎むべき男だと教えられ、「ナポレオン」と名を付けた人形をいじめながら育ってきた過去を持ちます。かつ母国オーストリアの存続さえ危機にさらしている現況とあれば余計嫌み嫌うのは当然のことでしょう。

For Marie Louise whose great aunt, Marie Antoinette, perished by guillotine, Napoleon, a figure of the  French Revolution was an enemy. As a child she played with a Napolean doll that she liked to torment. Her anger was justified as Napoleon wanted to dominate her country.

しかし初夜の相性が抜群だったために、ナポレオンに恋してしまったのだそうです!
But her first experience with Napoleon, that night in bed, was so exhilarating that she fell in love with him!

1810年2週間以上続いた結婚式はそれは豪華だったそうで、71つの宝石をプレゼントとして授かりました。2人の結婚式からパリは6月までずっとお祭り騒ぎ。

とても幸せな結婚生活でナポレオンは仕事に手がつけられないほどだったそう。
若く恥ずかしがりだった皇后を喜ばすため、そしてヨーロッパ中を感嘆させるためコンピエーニュ宮殿はとても華やかに改装され、当時の最高級家具名士であったJacob-Desmalterの家具などがおかれました。

During 2 weeks of may, in 1810, their marriage celebrations took place in Paris. Marie Louise received 71 pièces of jewellery as a gift. Paris was festive until june.

Napoleon was so in love that it was difficult for him to concentrate on the affairs of state.
To please the young and shy Empress, and dazzle all of Europe, Compiègne was luxuriously decorated, notably by Jacob Desmalter's furniture.

またマリー・ルイーズにとって宮殿内に飾る絵画はルーブル美術館から所持品であるかのように選び放題だったとか。そのルーブル美術館にある作品の一部はナポレオンがはく奪してきた品々です。
Marie Louise could even choose paintings from Louvre museum as if the collection was her very own. Pieces, in fact, that Napoleon had confiscated from around Europe.

絵を描くのが好きだったマリールイーズのためにデッサン用テーブル、ゴールドブロンズで飾られたイーゼルなどが新調されましたが、これらは皇后を退屈させないための道具たちでもあったそう。
とても嫉妬深かったナポレオンはマリー•ルイーズを一人にさせておくためにコンピエーニュを選んだという話も。最初の皇后ジョセフィーヌはナポレオンが遠方に出向いている間の裏切り(浮気)を一生忘れなかったからなのでしょうか。

Her favorite hobby was painting. To this end a special drawing table and easel, decorated with guilt bronze, was made. Those objects were meant to pre-occupy - she lived in a guilded cage; Napleon was very jealous and wanted her to be alone in the palace while he was far away. Josephine, his first wife, had an affair during one of the far-flung military compaigns and he never forgot the betrayal.

宮殿庭園内のjardin des roses(ジャルダン•デ•ローズ)という名前のティーサロン。
This is a tea salon called "jardin des roses"

蚤の市などで集めたというお皿やティーカップは一つずつ個性があります。
ローズマフィンは最高においしい!
All plates and cups are mismatched and from the flea market. The rose mufin is outstanding!

4月現在はチューリップが満開でした。バラの咲く時期にまたお茶したいです。

Mid april was brimming with tulips. I'd like to come back in June for the roses.

コンピエーニュ宮殿のウェブページ/ Compiègne palace's webpage
http://palaisdecompiegne.fr/

8.2.17

ピカソ/ロダン美術館

Picasso Museum and Rodin Museum /ピカソ美術館とロダン美術館













ピカソとロダンには共通点はあまりない。
しかしパリには各アーティストの名がついた美術館がある。

どちらの美術館も歴史的建造物を使い、保存しなければいけない部分はそのままに、美術品を上手に見せる空間作りを成功させている。

ピカソ美術館ではフランスの伝統建築、直線を大胆に使った近代建築ロラン•シムネの改築、そしてピカソのあくの強い作品がみごとに共存している。ぶつかりあうような様式をうまく組み合わせて風通しをよくしてしまうのはフランス人の得意とする技である。
ロダン美術館では繊細で曲線豊かなロココ様式のレリーフ、ゆがみの強いガラス窓、そしてかすんだ大鏡の反射がロダンのうねりある彫刻によく調和している。
両美術館とも長年にわたった改築が終わり再オープンしたばかり。行ったことのある人もない人にもおすすめしたい。

ロダン美術館 http://www.musee-rodin.fr/
ピカソ美術館 http://www.museepicassoparis.fr/en/
///////////////////////////////////////////////////
There are few common points between Picasso and Rodin.
But one is that, in Paris, each have a museum dedicated, entirely, to their work.

Both museums successfly create a dialogue bewteen historic architecutre and the artists' oeuvre.

Picasso Museum mixes traditional french architecture with Roland Simenet's modern interitor - emphasizing lines and  geometric space. A surprising harmony exists with Picasso's work. Much like the Pyramide coexists with Louvre Museum.

On the other hand, the curving Rococo reliefs, weavy window panes, clowdy mirrors, of the Rodin museum marry perfectly with his sensual work.

Both museums reopened at the end of 2016 after severals years' renovation. Now is the time for a first visit or rediscovery of these magnifiscent spaces.

Museum Rodin http://www.musee-rodin.fr/
museum Picasso http://www.museepicassoparis.fr/en/

23.8.16

Today's museum #1, Petit palais /  今日の美術館#1 プティ•パレ

It would take a year and three months to visit all the museums in Paris… taking in 2 a week.
I decided to visit the Petit Palais which had been renovated not too long ago. 

パリ市内には130にもおよぶ美術館があります。週に2回平均で制覇していこうとしたら1年と3か月くらいかかる計算になります。今回はそんなに遠くない昔に改装が終わった美術館、プティ•パレ!!



Located between Avenue des Champs-Elysées and the Seine River, the museum is quite big but named Petit Palais (Small Palace) because across the street is another, and larger, museum named Grand Palais (Big Palace).
The collection of Petit Palais ranges wide, from Antiquity to the beginning of 20th century- but the forte is the 19th and 20th century art: IngresDelacroixCourbetCorotGauguinDoré and De Chavannes. Surrounded by these works, you can feel as though you are in Orsay museum but the viewing is more relaxed because of fewer people. Plus there is no entrance fee as this is a Paris city museum.

シャンゼリゼ通りセーヌ川に挟まれ、とても大きな美術館ではありますが名前はプティ•パレ(小宮殿)。向かいにはさらに大きな美術館、グラン•パレ(大宮殿)があるからでしょうか。
プティ・パレには古代から20世紀までの幅広いコレクションが展示されていますが、アングルドラクロワクールベコローゴーギャンドレドゥ・シャヴァンヌなどなど注目株なのは19世紀&20世紀のコレクションです。オルセー美術館にいるかのような気持ちになりますが、鑑賞者は少ないのでゆっくり回れます。ちなみに私立美術館なので入場料はただです。



This scene of Les Halles, the old Paris market, is vivid with activity - figures talking and mixing everywhere. The artist, Léon Lhermitte, who was a master of Naturalism, loved painting open air scenes of labourers and farmers just as they looked. As you can see the worker's classic bleu blousons stand out.
Les Halles today is a large shopping mall in the center of the city, but this area was a central food market until 1970 having existed since…  the 12th century. This picture is an important testament of disappeared Paris.

レ・アール」(レオン・レルミット作)は人々が出会い、会話を交わす生き生きとした表情を描いた躍動的な絵画です。画家は19世紀末にクールベから始まる自然主義の流れをくむ巨匠ですが、野外で働く農民や労働者をありのままに描くことを好みました。絵画上でも労働者の象徴である青いブルゾンが目立ちますね。

今は巨大モールとしてにぎわうパリの中心地レ・アールですが、12世紀から1970まで中央市場として食品が集まり、人でごったがえしているのが日常風景でした。当時の風景を物語る資料としても貴重です。





Petit Palais was built in 1900 for the occasion of the Universal Exposition. Art Nouveau style was very fashionable at that time; the iconic Paris metro entrances also date from that same year. Guimard, designer and architect, the best known Art Nouveau creator made 14 different apartment buildings and their interiors, in Paris, some examples of which are on view in the museum.

1900年のパリ万博博覧会をきっかけに建設された美術館ですが、アール•ヌーボー様式が流行っていたのも同じ時期。ちなみにパリのメトロ入り口を装飾するゲートも同年に設置されました。アールヌーボースタイルの設立者であり、建築家、デザイナーだったヘクトル•ギマールはパリ市内に14件のアパートを設計しましたが、その内装がどのようなものであったかを見学することが可能です。





The painter of this work is unknown!
この絵画は作者不明です!



ちょっとグロテスクな彫刻も!
A strange sculpture, so grotesque!



This museum is a pure delight… don't miss the lovely interior courtyard garden where you can dream with a café.

中庭でゆっくりカフェしながらくつろぐのもおすすめです。



2.8.16

flower explosion! フラワー爆発!

Flower, flower, flower power!!! The Bagatelle Park, in a far corner of the Boulogne Wood, is overflowing with blossoms!
The park is one of the most romantic in France: a huge branch of Cypress dips into a nymphea's pond, peacocks strut elegantly on the green fields, then, a beautiful second house loved by Mary-Antoinette and of course the splendid rose garden which fascinates every visitor by the variety of colours and perfumes. Lovely pictures are just one 'click' away!

花、花、花!!!で埋め尽くされたブローニュの一角にあるバガテル公園
フランスで一番ロマンチックな庭園といってもいいでしょう。
ヒノキの枝が垂れ下がる水連池、芝生の上を優雅に歩く孔雀、マリーアントワネットが愛した別荘。。。そして誰もが魅了されるバラ園は、想像を絶する色と香りに包まれていました。もう、シャッターを押すだけでいい写真が撮れます。

バガテル公園 Parc de Bagatelle, BoulogneParc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)



The rose garden has 1200 varieties of roses, blooming in riotous profusion.
1200種類のバラを有するバラ園。狂うかのように咲き乱れています。
Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)



It takes about 1h 30 to tour the extensive garden. On my walk I saw people talking softly under a tree and a person sleeping on a hidden bench.
一周するのに1時間半くらいかかる大きな庭園の中には木の下で友達とおしゃべりをしたり、茂みでこっそり昼寝をしたりしている人たちがいます。
Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)


The garden is not far from La Défense, business district, so you occasionally catch a view of towers, in the distance, beyond the forest. And yet it is a world apart, so close to central Paris.
パリの経済エリア、デフォンスから近いだけあって、森の外側には高層ビルが立ち並んでいます。パリからこんなに近いところにも憩いの場があるのです。

Parc de Bagatelle, Boulogne, rose garden ブローニュの森、バガテル公園 (バラ園)



  Map of Bagatelle park (PDF, french) バガテル公園の地図(PDF,フランス語)